読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんにちは、すずきです。

こころも、ちゃんと。たのしいシンプルライフ。

子育ての方針が揺らいだ『まだ東京で消耗してるの ?』

こんにちは、ともちゃんです。

イケダハヤト さんの「まだ東京で消耗してるの ?」を読んで子育ての方針が大きく揺らいでいます。

イケダさんのことは、以前からお名前は知っていましたが、書籍については未読でした。

ところが先日、突然旦那さんが「まだ東京で消耗してるの ?」を借りてきて、猛烈な勢いで勧められたので読んでみることにしました。

「まだ東京で消耗してるの ?」は、人が多くて固定費が高い東京に嫌気がさし、高知の限界集落に移住したイケダさんが、自然豊かな環境で幸せに暮らすことの魅力を余すことなく伝えている本です。

まず、読み物としておもしろい。

ププっと笑ってしまうような表現とか、煽り方とか。

人によっては受け付けないだろうし、ブログがたびたび炎上するのも理解できるけれど、私は嫌いじゃなかったです。

むしろ

これは読んではいけない本だったなぁ、と反省することに…😂💦

というのも、面白いし、とても刺激を受けたのだけれど、煽られすぎて、旦那さんと相談して考えていた子育ての方針が揺らいでしまったからです(笑)

横浜育ちで祖父母も横浜、田舎というものに幼い頃から憧れがあるわたしは、もともと都心からできるだけ離れて暮らしたい願望が強く、いまは湘南(ギリギリ東京に通えるけれどガツガツしていなくて住みやすい)に住んでいるのだけれど、さらにさらに地方へという移住熱が高まってしまった…。

以前住んでいた長野県の住環境、食環境などがすごく良かったこともあって、いつかはまた地方で暮らしたい…という気持ちも強いのですが、その「いつか」は意外と早く来てしてしまうかも。

すべての人がこの本に書いてあるようにうまくいくとは思いません。

ただ、子どもに窮屈な思いをさせたくない、子育ての環境に妥協したくない、自営業を前提にして子育てをした方がいい、など、ハッとさせられる箇所も多くあって、親としてのあり方も考えさせられました。

そういう意味でも、娘がちいさい今、出会うべくして出会った本なんだろうな。

本との出会いも一期一会というか、タイミングみたいなものがある気がしています✨

もしかしたら、この一冊があなたにとっても大切な出会いになるかもしれません📚

それでは、またあした。